FC2ブログ

Adagiettoピアノ〈教室blog〉

埼玉県飯能市でピアノを教えています。音楽のある日常を綴っています。

プロセス・・・

年末にガスレンジを交換したときに

おまけでガスレンジ用炊飯鍋をいただきました。

有難く使いたいところなんですが、

我が家はもう15年ぐらいご飯は圧力鍋で炊いているので

炊飯鍋は当分使う予定がない・・・

残念ながら箱に入ったまま放置されています。


ご飯をガスで炊くようになったきっかけは、

キャンプ用の鍋でもご飯が炊けると知ったから。

勿論、火加減など手動で調整しなければならないので

失敗して焦げてしまったこともあるし、

焦げたらお鍋を洗うのも面倒です。

でも、炊飯ジャーで炊くより美味しいし、何より面白い!


”ご飯を炊く”という目的だけなら

スイッチ・ピっの炊飯ジャーが一番便利だろうし、

ガスレンジのオートメニューで炊飯ボタンを押せば

火加減も自動で調整してくれて楽ですよね。

でも私は炊く工程を楽しみたいんです。


圧力鍋で炊くには、

鍋を強火にかけ圧力が十分かかったら弱火にしてタイマーセット、

火を止めて圧力が完全に下がるのを待って

蓋を開けてご飯をほぐして・・・

やっぱり炊飯ジャーより手間がかかってますね(笑)



ピアノの練習も、”ある曲が弾けるようになる”目的だけなら

効率よく譜読みして弾き難い部分のテクニックの練習をして

弾けないところはレッスンで教えてもらったら

とりあえず音が並んで曲に聞こえるようにはなるでしょう。

けれど、それだけで美味しいご飯になるのかな???


楽譜をどう読んで、どう考えて、どうすべきなのか悩んで悩んで、

あーでもない、こーでもないと自分でやってみないと、

結局何も身につかないし成長しないと思うのです。

”これさえ知っていれば、これさえ手に入れれば、全ての問題が解決する”

そんな物がどこかに転がってるんじゃないか!?

と期待しているようでは、

いつまで経っても美味しいご飯は炊けないと思う。


レッスンで教えてもらうのは練習に必要なプロセス。

続きは自分自身でやってみないとね。

楽に炊けてお腹いっぱい食べられれば満足しちゃう人とは

おそらく、色々なところで理解しあえないんだろうな・・・

年々そんな事ばかり思います・・・。

DSC07460 (320x240)
気温が低くても、山の中では日差しは春に向ってます@飯能


ブログランキング参加中
読んだら↓ポチっ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
ブログランキングならblogram



関連記事
スポンサーサイト

 ♪音楽のある生活

 #レッスン #ピアノ #ピアノ教室 #大人のピアノ

0 Comments

Leave a comment