Adagiettoピアノ〈教室blog〉

埼玉県飯能市でピアノを教えています。音楽のある日常を綴っています。

ベヒシュタイン先生

今年も調律師協会主催の新人演奏会を聴いてきました。

このコンサートを聴くのは今年で4~5回目。

春に音楽学部のある大学を卒業したばかりの新卒さん達、

各大学に推薦されてきてるわけですから皆さんとてもお上手です。



数年前から使用するピアノをホールの備品だけでなく

国産・輸入ピアノ各社のフルコンを順番に持ち込むことになり、

今年のピアノはベヒシュタインの番でした。

私が秋のコンサートで弾いたのもベヒシュタインです。


コンサートでベヒシュタインを弾くことになった時

『ベヒシュタインを弾きこなすのは難しい』と師匠に言われました。

本番前に何度か弾かせてもらって

確かに微妙なタッチの差が出やすいピアノだなと感じました。


日本人先生は

『ベヒシュタインは楽器を鳴らすのが難しいんです』と。

先生のレッスン室は小さいベヒシュタインですが

娘の最初のレッスンの時、確かに全然鳴らず驚きました。


今回、十数人の新卒さん達の演奏を順番に聴いていて

明らかに楽器が鳴っていない、鳴らせていない方達がいたんです。

昨年まで聴いてきたSTEINWAYや国産ピアノでは

ここまで明らかな差を感じた事はなかったのに・・・。



先生曰く、

『金属バットと木製バットの違いみたいなものでしょうかね。

 芯に当たらないと(音が)遠くに飛ばないんですよ』


芯に当てる・・・・か。


***

今年は春が来るのが遅かったので心配していましたが

朝の散歩道で咲いていました♪

絶滅危惧種のキンラン(写真は一昨年撮影)
DSC05704(1).jpg

白い花のギンランは目だたないので10箇所ほどで咲いていましたが

山の中で目立つ黄色いキンランは心無い人に掘られてしまうようです・・・。

特殊な菌と一緒でないと育たないそうなので

持ち帰っても家庭で栽培はできませんよ!



ブログランキング参加中
読んだら↓ポチっ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
ブログランキングならblogram

#飯能 #ピアノ教室 #大人のピアノ #子供 #レッスン




関連記事
スポンサーサイト

 ♪音楽のある生活

 #ピアノ #リサイタル #レッスン #練習

0 Comments

Leave a comment