FC2ブログ

Adagiettoピアノ〈教室blog〉

埼玉県飯能市でピアノを教えています。レッスンの事、音楽のある日常を綴っています。

♪子供用の教材③



現在、私が初心者用に使っているのは

音楽理論用に自作のプリント、市販の音楽ドリル、

リズムとソルフェージュのテキスト、

演奏実技用はバーナム・ピアノテクニックとバルトークのミクロコスモス

それにお手製の自作した譜面を必要に応じてコピーして渡しています。

最初の一年は概ねこれだけです。



お手製譜面を最初に渡す日・・・

100円の透明なA4クリアファイルも一緒に渡すのですが

それだけでは味気ないので・・・

(そうでなくても今の子供達はカラフルで刺激的な

 視覚でうったえてくる物が好きですからね!)

宿題としてその子らしい絵(なるべく音楽に関係のあるもの)を描いてもらいます。








この絵は現在中学生の娘が小2の音楽の時間に描いてきたJ.S.バッハ!

音楽室に貼られている作曲家の肖像画を見ながら描いたそうです。

捨てるのが惜しかったのでファイルの表紙に今も使っています。

ファイルの裏表紙にはこの人↓




ベートーヴェンです! わかりますか?笑



そして中身はこんな感じ・・・




進度に応じてページが増えていきます。。。








娘は最初、前述したような子供向けのカラフルな教材を使いましたが

転勤をきっかけに小2で新しい先生に替わり

バルトークのミクロコスモスとバッハの小品~インヴェンションという

180度毛色の違う教材を使いました。

(レッスン内容は100%先生にお任せしました)

ミクロコスモスとバッハのお陰で

娘は早々に遠くの山々の存在に気づき

その山々に登るために必要なテクニックと知識を

短期間で身につけることができました。



娘の過程を数年間観察した結果、

現在初心者のレッスンでは読譜のトレーニングと

オリジナルのテキストを使って集中的にトレーニングをし

なるべく早い時期にミクロコスモスとバッハの小品に入る事にしています。

 
関連記事
スポンサーサイト



 ♪ピアノレッスン

 #ピアノ教室 #飯能 #レッスン #練習

1 Comments

fxと株  

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

2013/02/10 (Sun) 15:34 | REPLY |   

Leave a comment