Adagiettoピアノ〈教室blog〉

埼玉県飯能市でピアノを教えています。音楽のある日常を綴っています。

ピアノを再開する時・・・その1(修正しました)

★本文にあるリンクアドレスの設定を修正しました(12/24)

*********************

受験、就職、結婚、子育てその他もろもろの理由で

レッスンや日々の練習を中断してしまう事は少なくありません。

私の周りのピアノ弾きさんのほとんどは

子育てが少し楽になったタイミングで練習を再開、

自宅でしばらく自己練習をしたのちに

レッスンを再開されたようです。実は私もそうでした!



先日のアンサンブル・コンサートの後

『練習を再開したいのだけれど・・・』と

演奏参加した生徒のお母さんからお話しがありました。


お母さんが練習している姿を見せる事は良い刺激になるので

お子さんが学校から帰ってくる時間に合わせて練習すると良いです!

(10分前に練習を始めたばかりでも、2時間練習してたふりをしてくださいね~笑)


でも、本格的に練習を再開しよう!と意気込んで弾いてみても

思っていた以上に指が動かない、動きません!

それなら指が動くように=ハノン!と考えがちですが、

ハノンは同じ指使いのパターンの繰り返しで

同じ筋肉や鍵を酷使するのですぐに痛みがでると思います。

残念ながら子供の時と同じようにはいきません。

(ハノンのような練習をしたいならコルトーのピアノメトード のほうが

指使いパターンが拍ごとに変わるので安全です)


ハノンのような基礎練習をするのが嫌だったら

あまり速くなく音量も小さく、譜読みに時間がかからない

小品から練習をしてみたら良いと思います。

小品なんてすぐ弾けるようになってしまって面白くないですか!?

f(フォルテ)で弾くよりp(ピアノ)で弾くほうが何倍も難しいですよね!?

p(ピアノ)を本当にp(ピアノ)で弾けるようになるには

指一本一本のコントロールする力が必要です。

長いブランクの後は速く指を動かすことばかり考えがちですが、

指のコントロールから始めてみてはどうでしょう!?


腹筋や腕立て伏せのような筋肉を鍛える負荷の大きい運動ではなく

ヨガや太極拳のようなゆっくりした動きでも体は鍛えられますよね。


具体的な練習の仕方は・・・お子さんのレッスンの時に!

DSCF2472 (640x480)


♪12/4 ジョイント・ピアノ・リサイタル~Moment Musicaux~vol.2♪


ブログランキング参加中
読んだら↓ポチっ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
ブログランキングならblogram
関連記事
スポンサーサイト

 ♪大人のピアノ

0 Comments

Leave a comment