Adagiettoピアノ〈教室blog〉

埼玉県飯能市でピアノを教えています。音楽のある日常を綴っています。

世界中で一番良い先生は・・・

『世界中で一番良い先生は、自分の耳です』

これは師匠がよく使う言葉です。


立派な先生にどんなに素晴らしいレッスンをしてもらっても

それを理解し練習し、最終的に音になって表れた時に

正しいかどうかを判断する耳を持ち合わせていなければ

レッスンが何の役にもたたなくなってしまうからです。


『○○先生!(←生徒の名前)、今の(演奏)はどうでしたか?』と

レッスン中に生徒に聞くと、

『せんせいじゃないし~・・・よくわかんな~い』

笑いながら答えることがほとんどですが、

何度も同じように質問を繰り返していると

私が質問しなくても『今のは△△がちょっとダメだった・・・』と

自分から言うようになります。

ちゃんと自分の音を聴いてたんだね~えらいえらい♪



音の粒が揃っているか?リズム感がどうだったか?

テンポは?強弱は?ペダルは?音色は?・・・・

聴かないとならないポイントは山ほどあって

曲が難しくなればなるほど更に増えるし

弾くだけでなく聴く事も難しくなっていきます。

だから初級のうちから聴く習慣を持って欲しい・・・

生徒が聴く耳を持ったら・・・先生はもう用無し!?笑

関連記事
スポンサーサイト

 ♪レッスン

0 Comments

Leave a comment