Adagiettoピアノ〈教室blog〉

埼玉県飯能市でピアノを教えています。音楽のある日常を綴っています。

ビートとリズム

今年の夏は娘と二人で、師匠のところへレッスンを受けに行ってきました。

いつもは成田発の午前便ですが

今回は初めて羽田発の深夜便を利用してみました。

夕方のラッシュの時間に重くて大きな荷物(二人分の楽譜です!)をかかえて

都内を通過するのが嫌だったのと、

師匠の好物をお土産に買いたかったので早めに家を出たのですが・・・

羽田空港の国際線ターミナルは想像よりずっと狭くて、

チェックインや搭乗手続きまで時間をつぶす場所もあまりなく

ひたすら我慢・・・。

次からは成田発の午前便にしよう~~!


(え?また行くの~?笑)


KC3Z0279.jpg





せっかく来たのだからと到着したその日に最初のレッスン!

それから連日たっぷりとレッスンをしていただき

まるで合宿のようでした~笑

私も娘も頭も心もいっぱいいっぱい(fullな状態)

たっぷり勉強して帰ってきましたよ♪


*****


レッスンは、私達が泊まったホテル近くにある

大手音楽教室の部屋を借りてしていただいたので、

他の部屋のレッスンの音が洩れて聞えてくる事がありました。

その日は小さいお子さんが廊下をウロウロしていたので、

たぶん幼児科(?)のグループレッスンの日だったのだと思います。

そのうち、♪〈聖者の行進〉を合奏しているのが聞こえてきました。

電子楽器のメロディーと打楽器のズンズンドンドンという振動・・・



  ズンズン、ドンドコ、ズンズン、ドンドコ・・・



師匠と娘と三人で、思わず手を止めて聞いてしまったのです。


しばらくすると師匠が深くため息をついて、


『Beat(ビート)とRhythm(リズム)は違うのに・・・

 音楽の基礎を学ばなければならない時期に

 Beat(ビート)を教えて何になる?』と。

独身時代、私が教えに行っていた教室でも、

別室で幼児のグループレッスンが行われていました。

その時も同じように、合奏や歌が洩れ聞えてきて

私も同じように違和感を感じていたのを思い出しました。





Beatに無くてRhythmにある物・・・!?

4分の3拍子は1拍目が強拍になると頭で理解していても

BeatとRhythmの違いを体験していなければ

演奏する時に3拍子のRhythmを表現する事は難しいです。

Rhythmは、音楽の大事な要素の一つです!




関連記事
スポンサーサイト

 ♪レッスン

0 Comments

Leave a comment